⇒ さとふる 無料会員登録はこちらから
⇒ ふるなび 無料会員登録はこちらから

 

節税効果の高いふるさと納税には、寄付の上限を知っておくと効果的です。

 

寄付自体はいくらでもしていいんですが、ふるさと納税をされる方は節税効果を考えていますから、一人一人の上限を確認しておきたいものです。

 

まずこの図をご覧ください。

ふるさと納税で寄付をすると、寄付金額マイナス2,000円が、翌年に所得税から還付されたり住民税から控除されたりします。

 

この控除額は、年収によって上限が決まるので、この控除額の上限が分かれば、プラス2,000円が寄付の上限と考えればいいのです。

 

その額を超えて寄付をすると、実質負担が2,000円を超えて持ち出しになります。

 

上限の確認はこちらからできます。

⇒ 控除シミュレーション

寄付の上限の具体的な例としては、こちらの図をご覧ください。

 

 

この例では、68,000円の寄付で66,000円が控除などで戻り、実質2,000円の負担で済むうえに豪華な返礼品がもらえることになりますね。

 

地元の自治体に納税した税金の中から、あたかも寄付した分だけほかの自治体に回った形となります。

 

納める税金自体は変らないので、節税と言うのとは違いますが、返礼品の分だけお得ということですね。